医療用ウィッグでの保安検査

病気によって髪の毛を失った私たちにとって、もはや身体の一部と言っても過言ではないほど大切な医療用ウィッグ。日常生活を送るうえで当たり前に必要としているものですよね。

だけど、ウィッグ着用によって困る場面は意外とたくさんあるということ。
これはウィッグ生活を余技なくされている人にしかわからないところ。

その中の1つが「飛行機に乗る」という場面です。

医療用ウィッグに使用されている金属が、飛行機搭乗の際に通る必要がある「金属探知ゲート」に反応してしまう可能性があるから。

ほんと想像しただけでも恐ろしくドキドキですよね・・・もし人前でウィッグをはずす最悪の事態にでもなってしまったら。

安心して旅行を楽しめるように、ここでは医療用ウィッグを身に着けて飛行機に乗る際の事情をまとめてみました。

医療用ウィッグのピンは金属探知機には反応しない

【中部国際空港セントレアの保安検査係のお話】

保安検査でひっかかるのか?

まずは直接聞くのが間違いない!
そう思い空港の保安検査を担当している方に聞いてみました。

結論から言うと、医療用ウィッグに使用されている程度の金属ではほぼ反応しない、との回答でした。

飛行機搭乗の際の保安検査では金属の重量によって判断されているとのこと。
単に金属の有無だけに反応しているのではないのです。

実際にウィッグを持っている人は手にとって一度確認してみてください。
ウィッグで使用されている金属にそんなに重いものはありませんよね。

ズレ防止の為のストッパーや、フィットさせる為にもみ上げについているワイヤーなど、必要最低限の金属だけです。そういったことからまず反応しないと思って大丈夫です。

医療用ウィッグに使用されるもみあげワイヤー
ウィッグの襟足にあるコーム

 

万が一反応してしまった場合はどうなる?

金属を使っているウィッグの場合、やはり100%反応しないとは言い切れません。
万が一反応してしまった場合の対応についても聞いてみました。

「医療用ウィッグをはずせる場合ははずしてもらう、難しければボディチェックで安全確認ができればOK」とのことでした。強制的にその場ではずすように指示されることはないようですので安心してくださいね。

実際のところ

ダズルのウィッグを着用して国内線や国際線を実際に利用したお客様からも、保安検査にひっかからなかったとご報告をいただいています。
それはセキュリティ対策が強化されているアメリカの場合もです。また金属探知ゲートや棒状の金属探知機のどちらの場合でも。

私自身もセントレアから福岡空港までウィッグをつけた状態で飛行機に乗ったことがありますが何の問題もありませんでした。

ただし国際線の場合は国によって事情が大きく違うこともありますので、事前にウィッグを着用していることを係の人へ伝えるのがベターです。

★その他詳細について直接聞きたい方は下記へお問い合わせください。

中部国際空港セントレア(株式会社全日警中部空港支社)
※保安検査を担当している部署です
(TEL)0569-36-2117

飛行機搭乗は医療用ウィッグでも心配いらない

空港の保安検査担当の方のお話や私自身の経験からも、国内線においてはまず心配いりません。
国際線や海外の空港事情においても、現状ではウィッグの金属がひっかかってしまうことはないようです。

ただし今後の国際情勢によっては厳しくチェックされるようになる可能性もあります。
できれば事前に医療用ウィッグをかぶっていると一言伝えるのがいいかもしれません。

 

 

~自身の経験からウィッグの販売を始めました☆~

脱毛やウィッグのことで不安なこと、お困りのことがあればお気軽にご相談ください^^

レースウィッグダズルHP

おすすめの記事