抗がん剤治療中の食事

抗がん剤治療が始まってすごく辛かったことの 1つ。

それは「食べられない」という事でした。

 

病気になる前、わたしがいつもまわりに言っていたセリフがあります。

 

 

あきピヨ
わたしは生きるために食べるんじゃなくて、食べるために生きてるの♪

 

 

冗談というかノリで言ってはいましたが、80%くらいは本気(苦笑)

 

風邪だろうがインフルエンザで高熱を出そうが手術をしようが、とにかく食欲がない日なんて思い出せないくらい。

とにかくいつもその日の食事を楽しみに生きてきました。

 

それくらい食べることを愛していた私が抗がん剤治療の副作用によって人生で初めて「食べたくない」と思った日。

そのとき感じたことや食欲不振の対処法など。

また実際に食べられたものについても具体的にお話したいと思います。

 

抗がん剤投与から4日目に食欲不振が始まる

抗がん剤による食欲不振が始まる

 

抗がん剤が始まればすぐに吐き気や食欲不振がくると思っていた私。

実際は全く違っていました。

 

初日から3日までは逆に不安になるくらい何の副作用も感じず、異変を感じたのは4日目の朝。

急に「食べたい」という意欲が全く湧かなくなって。

 

入院中だったので12時にお昼ごはんが配膳されるのですが、もうとにかく白いごはんが全く受けつけられない状態(>_<)

一気に食欲不振というものがきてしまったのです。

 

そのときはまだおかずだけは半分くらい食べられることができたものの、これを境に全く病院食が受けつけられなくなりました。

昨日まで何もなかったのにこんな急にくるの?と思うほどの変化><

 

よく妊婦さんがごはんの炊けた香りで「うっ」と気持ち悪くなるっていうけど、きっとかなり似た状況だったと思います。

まさにひどいつわり状態。

 

食事が全くとれなくなった期間は4日間だけだった

抗がん剤で食事がとれなくなった期間

 

それから4日間は固形物が全くといっていいほど食べられませんてした。

もう病院食を見たり想像するだけでも余計気分悪くなっちゃって(/o\)

続く吐き気に苦しみながらジュースやゼリーでなんとか空腹をしのぐ状態。

 

不思議なもので食欲はなくても「お腹がすいた」「空腹」っていう感覚はあるんですよね。

でも食べたいという欲求はないし、食べ物の匂いだけでも吐き気は増長されちゃうので空腹を満たすことができず・・・

本当にお腹と背中がくっつくんじゃないかと思うほどの空腹感を感じました。

 

その後は追加で投与された吐き気止めなどで少しずつ回復。

それからは自分の好きな食べ物や家族からの差し入れの食事などは自分のペースで食べることができるようになりました。

 

相変わらず病院食だけは全く受けつけられませんでしたが(^_^;)

なんとこれは治療終了後まで続きました(苦笑)

 

 

あきピヨ
実は6年経つ今でも病院の食器見たり香りを嗅ぐと気分悪くなります…

 

もうトラウマになってるんでしょうねぇ。

 

思い返すと抗がん剤治療中は食欲に波があるものの、その究極の空腹感を感じるほど全く食事をとれなくなったのはこのときだけでした。

後になってわかったのですがこれには深い理由が(^-^;

 

自分にあった吐き気止めに出会えれば食事も苦痛じゃない

抗がん剤と食欲と吐き気止め関係

 

抗がん剤治療って基本的に「抗がん剤投与期間」「休薬期間」が1セットになって、6クールとか8クールとか決められた回数行われるのが一般的なんです。

その中で使用する抗がん剤と吐き気止めってガイドラインとしてある程度決まっています。

 

だけど副作用の出方や強さは人によって個人差がかなりあるのが事実。

だから最初のクールはだいたい使用する吐き気止めも最低限から始めることがほとんどです。

 

あきピヨ
最小限の吐き気止めからスタートするから副作用が強く出てしまった人にとってはとにかくキツイの~><ってまさに私がその張本人!!(泣)

 

私の場合は全く食事がとれなくなるほど吐き気も強くでたため、代わる変わるいろんな制吐剤を試したのですがほとんど効果がなく・・・

最終的に出された薬が「イメンドカプセル」という吐き気止めでした。

 

これの効果といったら私にとってはすごいもので。 これのお陰で食べれるようになったと言っても過言ではないと思っています。

それ以降2クール目からは吐き気が出る前にこの薬を飲むようにしたため、だいぶ楽に過ごせるようになりました。

 

そしてふと思いましたよね・・・ 最初からこのイメンドさん出してくれればあんな苦しい思いはしなかったのにと(苦笑)

 

このお薬は薬価が高いためか、私が治療をしていた頃(2012年冬)は最初から処方してもらえるところはかなり少ないみたいでした。

吐き気の副作用が強く出ている人にのみ出されるようで。

 

保険の関係やらいろいろな事情もあると思うけど、私たち患者側として望むことはただ1つ。

 

あきピヨ
何でもイイからとにかく楽に治療をさせてくれ!><

 

当時そんなふうに思っていました。

 

抗がん剤治療中に食べられたもの

抗がん剤治療中に食べられたもの

 

救世主となる薬に出会ってから全く食べられない状況は脱しましたが、もちろん普通に食べられたわけじゃなく…

食欲の波はすごくあるし、何より食の好みが全く変わってしまったことに自分でも驚きました。

 

治療中に食べられたもの、美味しく感じたものは具体的にこんなものでした。

 

美味しく食べられたもの

    • 果物(特にみかん)
    • 某チェーン店の牛丼
    • せんべい
    • おにぎり(コンビニ限定)
    • カップ麺
    • 味噌汁
    • スープ
    • きゅうり・大根の漬物
    • アイス
    • ジュース

 

なんだかツッコミどころ満載ですよね(^^;

特にお漬物って…。

20代女子が入院中に漬物に食らい付いてるっていうね(笑)

 

ただ弁解させてもらうとサラダや生野菜の代わりに食べてたんです。

元々、生の野菜が大好きだったんですが抗がん剤治療中は禁止なんですよね。

 

免疫が下がっている間は基本的には加熱したものしかダメ。(果物なら皮をむけるものなら生でOK)

生の野菜がどうしても食べたかった私はやむなく漬物に走ったというわけです。

 

ただ漬物も自家製はNG。きちんと洗浄をしてある市販のもの限定です。

 

果物やジュース、アイスなどは私に限らず一般的にみんな食べやすいものだと思います。

お味噌やスープにも食欲のないときはとても助けられました。

おにぎりは海苔がパリパリした冷たいコンビニのおにぎりだけ受けつけられるという謎の現象が起きたりも。

 

一番びっくりしたのはカップ麺がすごく美味しく感じたこと。

食欲なくてもカップラーメンやカップ焼きそばなら食べられたってことが結構ありました。

 

あきピヨ
それまではどちらかと言うと苦手な方だったのに~!

 

それを看護士さんに話すと「ガン患者あるある」だそうで。

抗がん剤をやると味覚障害が出たり自覚していなくても味が変わって感じることがあるんですよね。

その結果カップ麺のような味の濃いジャンキーなものを美味しく感じる傾向があるようです。

 

牛丼もそれまで特に好きなわけでもなかったのですが、一度家族に差し入れをもらってからあまりの美味しさにハマッてしまい(笑)

入院中は最低でも週に1度は食べていました。

これもたぶん味が濃かったからだと思います。

 

好きなのに食べられなくなったもの

抗がん剤治療中食べられなかったもの

 

逆にそれまで好きだったもので食べられなくなったものもありました。

 

食べられなくなったもの

    • コーヒー
    • プリン
    • パン

 

まず水。これはあるとき突然全く口にできなくなりました。

味覚障害の影響でとにかく変な味に感じてしまいました。 私の場合は麦茶が一番飲みやすかったです。

 

それまで大好きだったコーヒーもだめでしたね。

もうあの大好きだった香りがまずダメになり飲みたいという気が全く起こりませんでした。

あとはパンも好きだったのですがなぜか治療中は食べられなかったです。

 

抗がん剤治療中に食べちゃいけないもの

抗がん剤治療中に禁止な食べ物

 

これはおもに白血病や悪性リンパ腫など血液ガンの治療をする人に該当することです。

血液のがんは副作用で白血球が0になるような強力な治療を行う場合も多いです。

 

そのような場合は入院し感染予防のためにクリーンルームや無菌室で治療を行います。

同時に食べ物にも制限がかかります。

 

禁止された食べ物

    • 生のも全般(肉・魚・卵・野菜)
    • 生クリーム
    • 皮のない果物(いちごなど)

 

基本的には加熱していない食べ物はNG。

ただ果物に関してはみかんやメロン、スイカなど皮に覆われているものはOKでした。

 

気をつけなければいけないのはイチゴ。

綺麗に洗ったと思っていても砂や細菌がとりきれていないことが多く、免疫がない状態ではリスクが大きいとのことでした。

とにかく皮をむかずに食べるような果物は避けた方が無難です。

 

あきピヨ
通院で抗がん剤治療をする人は食事制限もあまり厳しくないようです!
事前に主治医に確認しておくのが安心ですね。

 

 

【まとめ】抗がん剤治療中に用意しておくべき食べもの

抗がん剤治療中に用意しておくべき食べ物一覧

 

用意しておくべき食べ物

    • ジュース(フルーツジュース・炭酸飲料)
    • ゼリー(一口サイズや小分けになっているものがベスト)
    • アイス
    • カップ麺
    • せんべい
    • スナック菓子

 

これらは入院中、私だけじゃなく多くの人が用意していたり食べているものでした。

好みもあると思いますがとりあえずこのあたりを一通り調達しておくのがおすすめです。

 

特に入院して治療を行う場合、ストックしておけるカップ麺やゼリー、ジュース類は本当に強い味方です。

毎日差し入れをしてくれる身内や友人がいればいいですがなかなかそういうわけにもいかないですよね。

 

吐き気で食べられなくてもお腹はすきます。

そんなときゼリー一口だけでもお腹に入れられればかなり楽でした。

空腹すぎてさらに気持ち悪くなるという悪循環もあったので(>_<)

炭酸のジュースも気持ち悪いときにスッキリさせてくれたりとてもお世話になった記憶があります。

 

もしかしたらこんな風に思う人がいるかもしれません。

治療中にカップ麺やお菓子、ジュースなどジャンキーなものばかりでいいの?と。

 

少なくともと私は当時思っていました(^_^;)

だけど看護士さんに相談したところなんともスッキリした答えが。

 

看護師さんから言われたこと

治療中はとにかく何でも食べれるものを食べればOK。
とにかく口から食べるということが大切。
食べないと本当に心身ともに弱るから。
長い人生、ほんの数週間ジャンキーなもの食べても全然大丈夫よ♪

 

そんなようなことを言われました。

納得ですよね。

 

食べることって本当に大切。

最後の手段として食事代わりの高カロリー点滴もあるけど、やっぱり違うんです。

食べることで生きてる実感がわきました。

 

味覚障害や食欲不振など副作用の出方は人によってかなり個人差があります。

また食べ物も好みが大きくわかれるので難しい部分もありますが、一例として参考にしてもらえると嬉しいです!

 

 

~自身の経験からウィッグ販売を始めました~

脱毛やウィッグのことで不安なこと、お困りのことがあればお気軽にご相談ください^^

 

お友達登録もお待ちしています♪

友だち追加

登録後すぐに使える割引クーポン発行中です☆

お問い合わせもラインからお気軽にどうぞ^^

 

レースウィッグダズルHP

 

おすすめの記事